つわり時の発熱に冷えピタ!妊娠中使用していいの?

風邪による微熱、発熱でよく使われる熱冷まシートや冷えピタ。

おでこに貼るだけでいいととても使い勝手も良いのですよね。

 

とても便利だけど妊娠中って使ってもいいのか気になる所。

 

そこで調べてみました(*'▽')

妊娠中に冷えピタは使用しても大丈夫?影響は?

f:id:okopoya:20170622064228p:plain

 

冷えピタは医薬品ではありません。

 

ですので使用しても大丈夫!熱冷まシートも同様です。

 

湿布は注意が必要なので、同じように貼るものとしてもしかして冷えピタにも注意が必要!?なんて心配してましたが安心。

 

ちなみに湿布は種類によってはインドメタシンなど血管を収縮させる成分が入っているので自己判断による使用はやめてくださいね!

 

つわり時に冷えピタを使用する注意点は

 

とは言っても気をつけて欲しい点がいくつかあります。

 

まずは貼り方。

おでこや首などに貼りましょう。

身体が冷えてしまうようなお腹などは避け、貼りすぎには注意。

冷えピタは最初は冷たくても次第に温まり冷感を感じなくなります。

 

解熱効果があるわけではないので、貼ることでリラックス出来るという認識で使用するといいと思います。

 

そしてかゆみやかぶれが出たらすぐに中止すること。

妊娠中は皮膚が敏感になっているので、普段なら大丈夫なことでもかぶれを起こすことがあります。冷えピタの持続時間は8時間とありますが、私実際貼ってみて8時間も冷え感を感じたことはありません(-_-;)

 

かぶれを起こさないためにも冷感を感じなくなったら早めに剥がすことをおススメします。

 

そしてにおいに敏感な方は気分が悪くなったら中止しましょう。

強い匂いを感じるわけではありませんが、独特のにおいはあると思いますので。

f:id:okopoya:20170622064516p:plain

冷えピタの効果的な使用方法

少しでも冷えピタの効果をもたせるために、冷蔵庫で冷やしたものを使うのがおすすめ!

 

うちの冷蔵庫にはいつでも使えるように冷えピタがストックされています(*'▽')

 

冷蔵庫で冷やした方が貼った時にも気持ちいいし、冷えた時間が長く感じました。

 

薬に頼れない時期、積極的に活用しましょう!